このサイトについて


2010年12月25日 国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン懇話会が発足し、本日ホームページを開設する運びとなりました。
 本会は、International Lymphoedema Framework (ILF)の日本部門として、 リンパ浮腫の予防と治療の研究の向上に貢献する事を目的とし、下記の事業を行うもの であります。

1)定期的な学術集会、講演会および講習会などの開催
2)ILFの他国部門や内外の関連学術団体との連絡および連携
3)学術関連出版物などの刊行
4)その他

International Lymphoedema Framework;ILF(国際リンパ浮腫管理学会)とは

ILFとは

目的:リンパ浮腫および関連疾患の管理を世界的に改善させる

Mission

・ リンパ浮腫の詳細な情報を示すことによって意識を向上させる

・ 研究を企画し実践することによってリンパ浮腫に関する知識を増やす

・ 国際的で、非営利の出版物を発刊することによって、知識の普及を目指す

・ 教育プログラムを作成し実践することによって、リンパ浮腫およびその管理に
  対する理解を深める

・ 国際的年次大会を通じて、すべての関係者がILFに貢献し影響力を発揮する
 機会を持ち、異文化間で情報交換する場を提供する

・ 国際的なミニマムデータセットを開発しベストプラクティスを促進し、明文化する

・ 世界のすべての患者によりよい治療機会を提供する

・ 世界のあらゆる地域において、国家/地方/地域管理でのリンパ浮腫管理を
 改善させることを目標とし、イニシアティブを発揮できるようサポートする

・ 医療が患者および治療者の真のニーズを理解できるように支援し、改良された
 診断ツールおよび治療を開発し評価する

・ 国際協力を促進する

ILFは、2002年に創られたThe UK Lymphoedema Framework が元になっている。このイギリスでのプロジェクトには、臨床での専門的な実践者、研究者、リンパ浮腫組織関係者、患者サポートグループ、企業団体が参加しており、また、異なる治療モデルの範囲内でベストプラクティスの標準化に同意した国外の実践者達を含む国内の研究プロジェクトに発展したものである。これは治療に必要とされる全ての製品の処方に関して割り引かれることになり、薬価についてもリンパ浮腫の新分類の採用へと結びついたのである。